スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告
レーシック治療とは
レーシック治療とは?

昨今大流行のレーシック治療法。しかしレーシック治療法とはどんなものなんでしょう?具体的に検証してみましょう。







スポンサーサイト
レーシック手術
レーシックのリスクについて
ここでは、レーシック治療のリスクについてを書いていきます。

以下は@レーシックさんから引用させて頂きました。

ハロー・グレア現象
明るい光の周りにぼんやりとモヤがかかっているように見えたり(ハロー現象)、明るい光がまぶしく見えたり(グレア現象)する症状。
通常は約3ヵ月で治ると言われていますが、強度近視の場合はこの症状が残る可能性があります。

ドライアイ
術後3ヵ月程度はドライアイの症状がでることがあります。角膜の感度が鈍りまた瞬きが減少するため、目薬や涙点プラグを挿入することで症状を緩和することができます。

その他の症状

滅多に起こることはありませんが、ごく稀に感染症を起こし眼球が白濁することがあります。
早期に治療をすれば治すことができますが、治療が遅れると角膜移植をしなければならないという大事に至ります。定期的に通院する事が大切です。


とのことだそうです。私もリスクについては初めて知りましたが、ハッキリ言ってどんな手術・治療にもリスクはつきものです。リスクが無い治療法はハッキリ言ってありません。

こんなに良い治療法(世界でも高い評価を受けています)を貴方はこれっぽっちのリスクで見逃すのですか?チャンスは有効活用した方がいいですよ~。。。

レーシック手術
なぜレーシックで視力が回復するのか??
レーシックとは、レーザーをあてて視力を治す事をさしますが、、、

レーザーを眼にあてるだけで視力回復は本当に出来るのでしょうか?

そう疑問を持つ方も多いと思いますが、答えはとても単純で簡単なのです。

近視・遠視は屈折の異常が原因で焦点がズレてピンボケを引き起こしている状態です。その為、眼鏡やコンタクトなどでズレた焦点を元に戻し、視力を矯正します。
レーシックは屈折の異常の原因の一つであります角膜にレーザー光線を当てて屈折の矯正をして、屈折の異常を根本から治療するというものです。


とのことですが、まだまだ疑う方も多いと思います。

それもその筈です。やはり日本ではこの様な革新的な(メガネ屋さんが不要になってしまうような)治療法は闇に葬るというのが昔からの慣習でした。

しか~し、貴方はこのレーシック治療という素晴らしい治療法を知ってしまいました。

もうメガネやコンタクトにお金をかけるのは止めにしませんか?

レーシック手術
レーシックの医療費控除・保険金・医療保険について
生命保険や医療保険などに加入されている場合は、御契約内容及び生命保険会社によっては、手術給付金が支給される場合がありますので、加入されている方は、忘れずに御契約されている保険会社に御確認・ご連絡をしてください。

※ 給付金額は、各社やお申し込みプランによって格差がございますが、5~10万円前後と予想されます。

給付金の対象となるかどうか、また、どれくらいの金額が支払われるかについては、保険会社やご契約の内容によって異なります。当院ではお答えすることができませんので、ご契約されている保険会社に直接お問い合わせください。

※ 保険会社にお問い合わせの際、手術の正式名称は「レーザー角膜屈折矯正手術」とお伝えください。

生命保険会社へ手術給付金の請求をする場合、医師の診断書が必要になります。保険会社に給付金申請用の診断書フォームがある場合は、その書類を各保険会社からお取り寄せください。



屈折矯正手術の手術費用は、確定申告の際、医療費控除の対象となる場合がございます。

医療費控除とは?
1月から12月までの間に、本人または家族(税法での「生計を一にする親族」)が支払った医療費が10万円を越える場合、確定申告によって税金の還付が受けられます。

レーシック手術
シェーグレン症候群とは??
中年以降の女性に多く見られる原因不明の病気で、目や口が乾いたり、関節が痛む疾患。
ドライアイの原因の一つとされています。


レーシック手術
レーシック以外の視力矯正手術
1.レーシック
2.イントラレーシック
3.エピレーシック
4.LASAK
5.ウェーブフロントレーシック
6.フェイキックIOL
7.PRK
8.PK

レーシック手術
スポーツ選手の手術
プロゴルファーのタイガー・ウッズ選手が手術を受け成績が向上したのを皮切りに、多くの視力に悩むスポーツ選手が手術を受けた。乾燥したドームでの試合が多くなった野球選手が最近多く手術を受けている。

レーシック手術
レーシック手術の欠点
1、失敗のリスクがゼロではない。
2、長期に渡る安全性が検証されていない。
3、コントラスト感度が低下する。
4、ハロ・グレアが少なくない割合で出現する。
5、裸眼視力(眼鏡やコンタクトレンズを使用しないときの視力)はほぼ間違いなく向上するが、矯正視力(眼鏡やコンタクトレンズを使用したときの視力)はかえって低下することがある。
6、角膜を削り過ぎると遠視になり、これを再度修正することは困難である。そのため若干控えめに手術するので、軽い近視が残って、自動車の運転など高い視力を要求される活動には引き続き眼鏡が必要になることがある。
7、角膜中心部の曲率しか変わらないので、夜間瞳孔が開くと角膜周辺部の術前と変わらぬ曲率をもつ部分を通った光線が網膜に到達するようになり、二重像を生じることがある。
8、近視の進行する若いうちは手術が受けられず老眼になることに変わりはないので、一生に渡って眼鏡が不要になるわけではない。
9、航空身体検査基準に不適合となる(パイロットになれない)


レーシック手術
レーシック手術の利点
1、眼鏡やコンタクトレンズを使用する必要がなくなる。スポーツ選手の術例が多いのはこのためである。
2、手術をしても入院をする必要性がなく、短時間で済む。
3、生命保険などが適用されれば、手術費用がほぼ無料になるケースがある。
4、比較的に、成功率の高い手術である。(ただし、1%以下でも失敗のリスクはある)


レーシック手術
なぜこれほど話題になっているのか?
なぜこれほど話題になっているのか?

昨今、欧米等で脅威的な治療者の増加が起こっているレーシック治療は、数年で白内障の手術件数を上回り、眼科手術のトップを占めるであろうと言われています。

これほど話題のレーシック治療ですが、欧米でも特に進んでいると言われているアメリカのレーシック治療の件数の推移をみてみましょう。

アメリカでは1997年では僅か10万件でしたが、1998年になると28万件、1999年ではなんと80万件の手術数に上るのではないかと言われており、アジアでも韓国タイシンガポールでさえ数万件にも上るレーシック治療手術が行われているそうです。

日本人の中にも、格安レーシック治療を受ける為に東南アジアに行く人もいるそうです。しかし、東南アジアでの安い治療は、衛生状態が非常に悪く、危険性も高いとのことです。

レーシック治療が何故これほどまでに話題になってしまったのでしょうか。私が治療を受けるきっかけを与えてくれたのは友人でした。
友人がレーシック治療を受けて非常に満足し、私にレーシック治療を勧めてくれたのが要因でした。このような口コミの評判が脅威的な患者の増加を呼んだのではないでしょうか。もう一生治らないと言われ続けた視力が回復してしまうのですから。

そして、日本におけるレーシック治療は高い安全性を誇っていることも人気の理由ではないでしょうか。日本ではレーザー治療に対する不信感が根強いようですが、昔の治療に比べれば月とスッポンです。また、安全で痛みも少ない治療です。しかし、将来的な心配や合併症の危険を指摘する声も多く、日本での治療の普及はまだ先かもしれません。

しかし、治療がまだ普及していない今こそ料金もお手軽ですし、今がチャンスなのではないでしょうか。



レーシック手術
レーシック体験記
レーシック治療体験記

レーシック治療を受けるきっかけ

私がレーシック治療を受けたのは、これを書いている一月前の2005年9月でした。2~3週間ほど前に友人から「レーシック治療は良い!」と聞いていたので、早速予約を取って、9月の18日に受けに行く事にしました。

ちなみに友人はレーシック治療を受ける前は視力が0.1だったのに受けた後は視力が1.2になったと言って大喜びしていましたが、正直半信半疑でした。
というのもレーシック治療(レーザー治療)にあまり良い印象はなく、むしろ「目が悪くなるのではないか」と思っていたからであります。


治療当日

気楽な気持ちで検査を受け、角膜の問題は無いので1.2くらいの視力になるようにレーザーを照射するといわれました。
また半信半疑ながら、視界が変わり、良く見える様になるということを想像したら楽しみで仕方ありませんでした。治療当日はさすがに少し緊張してクリニックを訪れました。

いよいよ治療となったので、治療台に乗り、何をされるのかと思っていたら、始めによく分からない器具で眼を大きくあけられました。
無理やり眼を開けるので目尻が裂けないかと心配な位でした。瞬きが出来ない事に気づきましたが、すぐに瞬きをする余裕も無くなってしまいました。

次にケラトームで角膜の上皮をめくられました。想像すると痛そうですが、実際は真っ暗で何も見えなく、痛みもありませんでした。

そしていよいよレーザー照射が始まり、眼を動かさない様にしていました。後で聞いたところによると、私が治療したところは、アイトラッカーといって眼が多少動いてもレーザーが眼の動きに合わせてくれる機能が付いている、凄い立派な装置だと聞きました。
照射は直ぐに終わり、フラップを戻して片眼が終了しましたが、まだ片眼が終わっただけか、という気持ちになり逃げ出したくなりました。絶体絶命のピンチで神経を研ぎ澄まして集中していると言う感じです。もう一方の眼も、同様に終了しました。

治療が終わった瞬間は、暗室のように暗い休憩室に通されたので色彩が薄れ、別世界にいる様な感覚がありましたが、普段よりくっきりと周りが見える事に気づきました。

クリニックを出る頃には眼がしみるような感じで眼を開けるのが辛い暗いでした。眩しいからと渡された専用のサングラスかけて自宅に戻りました。

眠くなってきたので、目薬を差し、寝ている間に眼を保護するプラスチックのカバーをつけ、眠りにつきました。なかなか寝付けませんでしたが、いつのまにか眠りにつくことができました。


翌日の出来事

翌日目覚めると、「自分は昨日、レーシック治療を受けたんだった」と一瞬忘れてしまう位痛みというものが全くありませんでした。
保護プラスチックの小さな穴から周りをみると、良く見えているような気がして、急いで窓を開けて外を見ました。

「すっ、すごい!見えている!」
という言葉が思わず口から出てしまった程です。感動という電気がが体中を駆け抜けました。窓から見える家やビルがくっきりと見えるのです。慌てて保護プラスチックを外すと、さらに見えが良くなりました。

電車から見える景色も昨日までとは全く違う別世界で、昔はこんなに良く見えていたのかなあと思いました。

その後の視力
視力は0.1から1.0まで回復しました。映画館に行っても一番後ろからでも字幕が読めます。電車の料金表を目を細めて一生懸命に見ることも無くなりました。1ヶ月が経過したばかりですが、目が悪かった頃が想像出来ません。
確かに、このレーシック治療法は画期的で、成功者が熱く語るのも当然です。ウッズや松坂などのスポーツ選手が選手生命にかかわる治療を気楽な感じで受けているのもうなずけます。



レーシック手術
レーシック治療の概要
マイクロケラトームとよばれる機械で角膜の表面を薄く削りフラップ(ふた状のもの)を作り、めくる。そこにエキシマレーザーを照射し、角膜の一部を破壊し除去する。その後フラップを元に位置に戻し、フラップが自然に接着するまで(約2~3分)待つ。

角膜中央部が薄くなるため、角膜の曲率が下がり(凹レンズを用いたのと同じ効果)、近視が矯正される。また、検眼のデータをもとにレーザー照射を調節することで乱視も矯正可能である。



レーシック手術
スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。